【新人】看護師を辞めたいです。どうしたらいいと思いますか?【仕事が怖い】

看護師のみなさんお久しぶりです。
エリです。


今回は「新人看護師の適性」について。

きっかけは3ヵ月ほど前。
珍しい人から連絡があった。

金ちゃんだ。

金ちゃんとは、ずいぶん昔に流行ったmixiで知り合った。
看護師コミュの中に、まだ中学生だった金ちゃんが入ってきて「看護師の皆さんに憧れてます!」と若干浮きつつも初々しく迎えられていた。
私と金ちゃんは、遊んでいた携帯ゲームが一緒ということもあり、特に仲良くなった。
今となっては赤面するような恥ずかしい話も色々とした(^^;)

でもmixiが衰退し、私も仕事が忙しくなり、金ちゃんも高校に進学し、関係も自然と消えつつあった。

あれから10年近く。
金ちゃんから連絡があった。

(ここへの掲載は本人からOK貰っています)
(一部伏字)

-----------------
突然のメッセすみません。
昔mixiでお世話になっていた金子です。

まだ覚えて頂けていると嬉しいです。
当時、サン牧で一緒に遊んで頂いたのは、本当に楽しい時間で今でもたまに夢に出てきます。

そんな私も今年から社会人になりました。
憧れていた看護師として。

でも仕事が怖いです。
急性期病棟なのですが、仕事のスピードについていけず、周りの先輩方にも迷惑を掛けっぱなしです。
私がミスをするたびにプリセプターの先輩は「気にしないで」と、淡々と処理してくださいます。

担当も持ちましたが、クレームがあったようで、すぐに外されてしまいました。
夜勤も始まりましたが、一緒に組んでくれる方が見つからず、あまり入れていません。

毎日必死です。
少しでも暇があれば本を読んで勉強しています。

でも師長から呼び出しがあり「もう少し頑張るように」と指導を頂きました。

私は自分が思っている以上に、物覚えが悪く、弱い人間なんだと感じています。
看護師にも向いていないようです。
看護師を辞めるのも考えています。

久しぶりのメッセージで大変おこがましいのですが、もしよろしければ何かアドバイスなどを頂けないでしょうか。
かんたんなもので結構です。

エリさんからアドバイスを頂ければ、勇気が出そうです。
辛い選択であっても決断できそうです。
-----------------


この相談を受けて

あの金ちゃんが・・・。

私の中の金ちゃんは、看護師に憧れる素直で人懐っこいカワイイ中学生。
私だけではなく、誰からも可愛がられていた。

そんな子が今は看護師になり、苦しんでいる…。

私は悩んだ。
最初は「新卒は誰だって辛い」「今が踏ん張り時」「仕事とは」といったアドバイスを考えた。

でも考えれば考えるほど、金ちゃんはこうしたアドバイスを求めている訳じゃないと思った。

以前にも書いたが、私も新卒1年目で退職を経験している。
当時を思い出すと今でも苦しい。
「看護とは~」といったアドバイスをくれる人もいたけど、それが心に響くことは無かった。


直接会うことにした。

リアルで初めて会った金ちゃんは、ある意味予想通りのかわいいらしい子で、しっかりした子でもあった。
mixi時代の昔話に話を咲かせつつ、そのまま医療関係者の集まる飲み会に連れて行った(以前紹介した、メディカル関東支部の内輪飲み)

私は主催メンバーとして、金ちゃんを色んな人に紹介して回った。
ベテラン看護師さんから、同じような新人看護師、大病院の師長さん、看護部長さん、薬剤師の方、技師の方々、医師の方々、クリニック経営者。
色んな人に紹介した。

お酒が進んできたころ、仕事の悩みが話題になった。

みんなが仕事の悩みを話した。
私も負けじと新人時代の黒歴史を赤裸々に話すも「オマエにそんなかわいい時代があったのか!」と大爆笑された(^q^;)

「金ちゃんはどう?新人さんは大変でしょ?」

看護部長さんが話を振ってくれた。

金ちゃんは一瞬戸惑ったが、少しずつ話し出した。

仕事がうまくいかないこと。
必死に頑張っていること。
でも成長している実感がないこと。
仕事が怖いこと。
看護師に向いてないこと。

金ちゃんは皆から励ましてもらっていた。
アドバイスもあった。
転職のお誘いもあった。

「そんな職場辞めちゃえよ!」
「看護師に向いてねーんじゃないよ!」
「職場と合わないだけ!」
「就職ガチャで外れ引いただけ!」

クリニック経営者の方がお酒が入ったためか熱っぽく語っていた。

私もそうだと思った。
職場には当たり外れがある。
自分に合っているかどうかも人それぞれ。

叱られてばかりの新人さんが、職場を変えたらメキメキ成長するのはよくある話。
私自身転職してうまくいった人間だ。

「エリさん、ありがとうございました!わたし変われそうな気がします!」

良い方向に変わってくれるのを心底願った。


その後

あれから2ヵ月後。
金ちゃんは退職した。

今は飲み会のときに誘われた病院で働いている。

本人は「看護が面白くなってきました!」と言っていた。
でも私としてはどうしても心配で、その病院で働いている薬剤師の友達にコッソリ見に行ってもらったが「忙しそうに働いてたよ」と言っていて、心配は消えないのだった…。

この転職が良かったかどうかは、正直分からない。
職場に馴染めるかどうかなんて、誰にも分からない。

でももし馴染めないから、また職場を変えたらいいだけの話。
看護師に向いてないってのはまた別の話。

看護師なんて職場次第。
ある意味ガチャ。
当たりが出るまで回すしかない。

金ちゃんガンバレ!
私がついてるぞ!!!
(それが一番危ないかもw)


追記(2年後)

話に進展があったので追記します…。


金ちゃんからメールをもらった。

------------
突然ですが思うところがあり、メールを書きます。
本当は直接会って話したいのですが、泣いてしまいそうなのでメールにします。

2年前。
初めて会った日を覚えていますか?

私にとっては人生が変わる忘れられない日になりました。

でも正直に言うと、エリさんに会うのは怖かったです。
当日は何度も「このまま帰ろう…」と考えていました。

でもエリさんと出会えて本当に幸運でした。


転職してからは大変でした。
覚えることが多く、いつもテンパっていました。
緊急入院や急変も多く、バタバタしっぱなしです
先輩からもよくお叱りを受けました。

でも不思議と辛くありませんでした。
先輩達は色々と良くしてくれました。

私の勘違いで患者さんが誤薬してしまい、危険な状態になった事がありました。
先輩達は、必死で手当てをしてくださり、一晩中血圧を測り続けてくれ、こんな私にも「大丈夫だよ」と励ましてくださいました。

でもこの時ばかりは「私は看護師を続けてはいけない」と思い退職願を出しました。
それを先輩達は「落ち込まないで」「大丈夫だから」「何かあればまた助けるから」と必死に引き止めてくださいました。
仕事中は絶対に泣かないと決めていましたが、この時は泣いてしまいました。

今の職場は、トラブルがあればすぐに誰かが駆けつけてくれます。
あの時どうすべきったのかもしっかり教えてくれます。
落ち込んだ時は、皆が声を掛けてくれます。

先輩達は本当に心強いです。
安心できる場所では、仕事が本当に楽しいです。
無知で弱かった自分が看護師を続けられたのは、この方々のおかげです。

そういえば部長から、エリさんが色々と手回してくれたのを聞きました。
私のためにあの飲み会を開いてくれたこと、職場のお誘いがあったこと、転職してからも気にかけてくれていたこと。

私は今月からプリセプターになりました。
先輩達のような心強い看護師になりたいと思っています。

でも実は、私が憧れているのはエリさんです。
正直に言いますと、中学生のころから憧れていました。

エリさんのような看護師になるのが私の目標です。
困っている人を助け、心に寄り添い、幸せにできるような。。。


今まで本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

感謝を込めて。
-----------


うおぉぉぉぉぉぉーーー( ノД`)
泣かせるなぁぁぁーーー。

金ちゃんがプリに!
おめでとう!!!

すごいすごい!
おばさん嬉しいぃぃーーーーー(ToT)

金ちゃんなら絶対いい先輩になれるよ!!!
優しいし、教えるの上手だし、看護師としてグングン成長しているし!

でもね。
金ちゃんの人生を変えたのは私じゃない。

金ちゃん自身のおかげ。
アナタの勇気と行動が人生を変えたんだよ。

誰かを助けたり、アドバイスしたりなんて簡単だから。
口を出すだけなら誰にだってできる。

一番大変なのは行動することであり、勇気を出すこと。
疎遠にだった私にアドバイスを求め、見知らずの飲み会に参加し、大勢の前で自分の弱さをさらけ出し、聞いたアドバイスをしっかり実行したのは、金ちゃんの勇気があったからこそ。

金ちゃんは本当に偉い!!!
看護師辞めなくてよかったね(ToT)


苦しんでいるナースの方へ

看護師には悩みは付きもの。
特に新人の頃ほど、悩みは多いと思う。

苦しんで、悩んで、それでも解決しない時。

まずは誰かに相談してみてほしい。
友人知人、同僚、先輩、上司、親兄弟でもいい。

悩みの8割は、誰かに話せば解決すると言われている。
近くに手ごろな相談者がいない状況なら、転職アドバイザーに相談するのもアリだと思う。

例えば私は何度か転職しているが、そのうち2回は転職アドバイザーのお世話になっている。
3年前に利用した「看護roo」という転職サイトのアドバイザーさんは、かなりデキる方だった。

条件の取りまとめ、転職ノウハウ、病院とのコネクション。
無茶な私の要求も、それに近い病院をいくつか見つけて来てくれた。
出された求人は、ハローワークで見たものとは全然違って好条件なものが多かった。

こうしたプロの方々に相談するのも悪くない。
今はナース不足だから、登録するだけで大歓迎される。
特に看護rooは二次新卒や20代の若いナースに力を入れているため、若い子でも使いやすいと思う。

参考リンク:看護rooの公式サイトへ


苦しい時は誰かに相談してみてほしい。
何かを変えたいなら行動するしかない。

不幸だと感じるのは、居場所が悪いだけ。
居場所は誰にだって必ずある!

金ちゃんのように!

あと少しだけ勇気を出してみて!
応援してます!
(*‘∀‘)