透析患者から怒鳴られ号泣した新人看護師

透析クリニックで働く看護師

看護師の皆さんこんにちわ。
ミツコです。

透析クリニックは「患者さんとの関係が重要」と、以前に何度か書きました。
特定の患者さんと長い付き合いになりますからね。

関係が良ければ、とても働きやすい職場となってくれます。

しかしちょっとしたことで罵倒されるのが透析ナースです。
怒られた瞬間はやっぱり怖いし、何日間かは引きずるし、その後もその患者さんと顔を合わせるのが嫌になります。

それでも何とか自分を奮い立たせて働かなければいけない。
でもどうしても立ち直れないこともある。

今回は私のそんな時期のお話です。


患者さんからの罵倒

私は新卒からの5年間を急性期病棟で働いた。
スタッフや患者さんとの関係も良好で、割と楽しく働けていた。

でも5年という節目もあり、今後のキャリアを考えて転職した。

転職先は透析クリニックだった。

透析で働くのは初めてだった。
病棟とは全く違ったスキルが必要になる。

経験があったとしても、新人看護師である。

そのためクリニックでは新人として扱われ、上司の指導を受けながら働いた。
最初は穿刺をさせてもらえず、針を患者さんの身体から抜くなどの透析後の返血業務から入った。

ただ返血も意外と難しい。
止血バンドを2箇所(針を二箇所刺すので)固定するのだが、バンドを巻く強さは患者さんの好みがハッキリ分かれる。
患者さんから嫌味を言われながらも学んでいった。

そんなある日のこと。
転院してきて間もない男性患者さんの返血業務に入った。
少し癖のある患者さんだったため、いつもより慎重に処置をした。

でも最後に針を抜き止血バンドを巻こうとした時、異変は起きた。

バンドを巻くときに「きつさはどうですか?」「これで大丈夫ですか?」と確認した。
「少しきつい」との返答があり、少し緩めた。
再度「これはいかがですか?」と声をかけた。

すると患者さんは突然、

「もういいよ!だめだ!」
「お前はバンドのひとつもちゃんと巻けないのか!」
「新人はもう俺の所に来るな!」

と透析室全体に響き渡る大声で怒鳴り始めた。

以前にもその患者さんの返血業務を行なったことがあった。
その時は何事もなく、今回も同じようにバンドの強さや声かけをしたつもりだった。

もちろんたった一度で患者さんの好みの巻き具合にできることはない。
それでも慎重に対処したはずだった。

だが予想外の怒号に、私はかなりのショックを受けてしまい、あろうことかその場で泣いてしまった。

すぐに男性の技師主任が駆けつけてくれた。
それでも患者さんは大声を上げ続けていた。
騒ぎを聞きつけた師長も来てくれたが、あいかわらずの興奮状態。
しまいには院長まで駆けつける結果に。

「ほかの部屋で話しましょう」

と院長が提案するも患者さんは

「そんな必要はない!迷惑なのはお前達だ!」の一点張り。

しまいには周りの患者達さんが「そんな言い方するな!」「そういうおまえが迷惑患者なんだよ!」と参戦し、患者さん同士の口論にまで発展。
患者さんを引き離し、何とかその場は収まるものの、怒りの収まらない患者さんはそのまま別のクリニックへ転院。

私は院長と師長から叱られ、返血業務を一時中断。
穿刺の準備と後片づけという雑務を行うことに。

バンドを緩くすべきだったのか、強く締めるべきだったのか、それとも他の問題があったのか。
これは今でもわからない。

でも気持ちを切り替えようと思った。
頑張ってまた返血作業に戻りたいと思った。

でも例の一件から師長が冷たくなった。
以前のように教えてくれることもなくなり、話もあまり聞いてもらえないようになった。

周りのスタッフにも変化があった。
明らかに避けられるようになった。
シフトが私と被っていると師長に不満を言っているのが聞こえた。

無理もない。
穿刺も返血もできない看護師は足手まといでしかない。
申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

休憩室にいづらくなり、昼食は自分の車の中で食べるようになった。
休憩を取るのも苦痛になり、休まずに働き続けた。

頑張ってミスが無いよう働いていれば、また返血業務に戻れると思っていた。
そうなればまた以前のように働けると思った。

でも、例の罵声が頭から離れず「また怒られるのでは」という恐怖が常にあった。
患者さんに対して、消極的になってしまっていた。
無駄な会話を避け、できるだけ難しい処置をしないで済むよう逃げていた。

そんなある日。
患者さんから「態度が悪い」と面と向かって注意を受けた。
予期せぬ注意に私は固まってしまった。
そんな私の姿が反抗しているように見えたのか、患者さんは「その態度が悪いって言ってるんだよ!」と怒鳴った。

足が震えた。

師長と技師主任が駆けつけてきた。
幸いにも患者さんはすぐに冷静になってくれた。

「キツク言い聞かせておきますので」

師長はそう言っていた。
でも何も言われることはなかった。
もう諦められていると思った。

退職を決意した。


その後の転職活動

転職活動は、病棟、外来、クリニック、透析室など色々考えた。

前回の透析室は、人間関係に失敗した。
透析患者さんとのトラブルはトラウマになっていた。
周りが誰も助けてくれない状況で働くのは、怖くて心細かった。

「また同じような状況だったら…」

そう考えると、透析室への転職は怖くもあった。

でも基本的に透析室の待遇は良い。
それなりに貰えるお給料、定時帰宅、夜勤なし。
変化の少ない安定した仕事内容も結構気に入っていた。

また透析室で働くことにした。

6ヵ月で辞めたことに「もっと頑張れたのでは」という後悔もあった。
だからこそもう一度チャレンジしたかった。


転職したその後

決断は正しかったと思う。
意外なほどスムーズに働けている。

もちろん患者さんとの関係は、相変わらず難しい。

でも困ったときは、必ず誰かが助けてくれる。

新しいスタッフには、必ず上司や先輩が着いてくれる。
敏感な患者さんには、周りのみんながサポートしてくれる。

もしトラブルが起きても、すぐに上司が割って入ってくれる。
患者さんとの交渉もすごく上手。

「大丈夫。大丈夫。何かあったらまた言ってね」
これは上司の口癖だが、すごく安心できる言葉だ。

仕事ができて、人を引っ張る力もあり、守ってもらえる安心感もある。
憧れの上司でもある。

もちろん患者さんから怒られて凹むことはある。
でもそのたびに周りが励ましてくれる。

「私もそうだった」
「こんな大変なことがあった」
「フォローできなくてごめんね」

辛いことがあってもすぐに気分を切り替えられる。


透析のキャリアを振り返って

私は運が良かった。
良い透析室に巡り合えた。

もちろん最初の透析室は失敗した。
「もっとこうすればよかった」という自責の念もある。

でもそれ以上に「職場選びで間違った」という後悔が強い。

透析室は病棟以上にスタッフ間の連携が大切になる。
透析初心者ほど、そうした連携が取れている職場を選ばなければいけない。

ただし、そうした良い職場ほど求人が出ない。
看護師が辞めないし、求人が出てもすぐに締め切られてしまう。

だから私は転職サイトを利用した。

転職サイトは1名のサポート担当者が付いてくれる。
この担当者が、評判の良い透析室の求人が出たら、すぐに連絡をしてくれた。
しかも公開前の、非公開求人として紹介してくれるため、いち早く応募できるメリットもあった。

私はその甲斐もあり、今の職場に巡り合えた。


転職活動で心得ておくこと

今は若いナースほど、待遇の良い病院を選ぼうとする傾向があるそうだ。

確かに若い頃の時間ほど貴重だ。
若さをムダにしないためにも、より良い病院で働いた方がいいと思う。

転職サイトは、そういった優良病院を見つけやすい。

実際、若いナースほど転職サイトを利用するとのデータもある(厚労省調べ)
先日、転職サイトの利用者数がハローワークを超えたとのニュース報道もあった。

ただし転職サイトは、複数利用を前提にした方がいい。
サポート担当者との相性もあるが、1つではなく、3つほどに登録しておけば、それだけ良い求人に巡り合える可能性も高くなる。

私は下記の記事を参考に転職サイトに登録した。
↓↓↓
▶看護師におすすめの転職サイト[日本ナース報道室]

優良な転職サイトが紹介されている。
転職予定の看護師には、かなり参考になる内容だった。

特に透析室への転職を予定しているなら、必読しておいたほうがいい。