師長のパワハラがひどい 3年耐えた看護師


理不尽な上司・・・。

看護師なら誰もが一度は経験しますよね。
今回は、そんな酷すぎるパワハラ体験談をご紹介します。



師長からのパワハラ

R.Eさん(30代)
内科病棟3年目(当時)
社会人から看護師に


私は配属された病棟の上司(看護師長)からのいじめがを受けていました。

この看護師長は自他共に認める、いじわるな性格の人です。
そのため患者さんからの投書も多く、スタッフの退職率も高い病棟でした。

「今日は予定があるので時間で帰りたい」という話をすれば、どこからか聞きつけ、2~3時間の残業が必要な仕事を勤務終了時間ギリギリに頼んできます。
また、十分な経験のある人が所属する委員会に、全然経験のない私を推薦してきました。この委員会は本当に大変で、とても苦労しました。

でもこれはまだカワイイほうで、とにかく言葉の暴力が酷かったです。
私の文句をナースステーションで言うのは、毎日の日課でした(ワザと聞こえるように)

邪魔にならない場所で立ち仕事をしていた際、「デブのクセに立ってんじゃないよ!邪魔なんだよ!」と面と向かって言われたこともあります。正直、私は太っているとは思っていません。むしろ看護師長の方がかなりの体格なのです。


体の不調

病棟で一番上の立場の人からのいじめだったので、相談できる人はいませんでした。
それでもいじめを受けているスタッフは沢山いたので、軽く愚痴をこぼす程度でも楽な気持になれました。

しかしある時期から、出勤前に必ず師長の顔が思い浮かぶようになりました。
頭痛が酷く、吐き気も伴って出勤できないほどにもなりました。
どうしても行きたくないと感じたときは、体調不良を理由に休みを取ったこともあります。
でも休むことでさらに看護師長からのいじめはエスカレートしてしまいました。


媚びる師長

この師長は、人によって態度がガラッと変わるタイプでした。
特に医師や看護部長など、上役の方にはとても上手く取り入っていました。

部下のミスを何でもかんでも報告し、「自分は優秀、部下が無能」というイメージを植え付けているような感じです。

患者さんからの投書も、自分への投書は自分で処理して、それ以上問題にならないようにしていました。
でも投書がまったくないと不自然なため、スタッフへの投書だけを上に報告していたようです。

そのためなのかスタッフの離職率の高さが問題になった時「キミの所は辞める人が多くて大変だね~」などと言われていました。


いじめ対策

2年目の頃は、毎日のように退職を考えていました。

でも「なぜ私が辞めなきゃいけないの」という、悔しい思いがありました。
また3年目からはボーナス額が増えるし、退職金も増えていくので、もう少し頑張ろうと思いました。
それにもしかしたら異動という形で、この師長と離れる機会があるかもしれない、という期待もありました。

そんな頃、当時の部長はパソコンが苦手で、作業を看護師が代行していました。

私はパソコンが得意だったこもあり、部長からの依頼を率先して受けていました。
残業となりますが、部長の机で作業するため、師長が寄ってこず精神的にとても楽だったからです。
部長から頼られるようになり、雑談もするようになりました。

その頃から、師長のいじめが嘘のように無くなりました。
毎日の悪口もパタッと無くなりました。
その分、他のスタッフへの悪口は酷くなりましたが…。

とはいえ、自分にしかできない仕事を作り、必要な人材になるというのも、いじめ対策として有効だと思いました。


師長の失職

いじめが無くなり楽になったのもつかの間、3年目に部長が異動となり状況が変わりました(看護部長から総務部長に昇進された)
また師長からのいじめが始まりました。

ただこの頃には退職に悔しいという気持ちはなく、「この師長に少しでも仕返しをしてから辞めたい」という気持ちになっていました。
退職者が立て続けの時期だったこともあり、退職予定者4人で、新しい看護部長に現状を訴えに行きました。

新しい部長は、まだ師長との関係もできておらず、さすがに4人も同時に辞めるのはおかしいと思っていたようで、話をしっかり聞いてくれました。
その後は色々と大変で、人事部からの聞き取りや、理事に呼び出されたり、師長から直接脅迫されたり、揉めに揉めましたが、最終的には師長が降格となり異動することになりました。揉めていた期間は、師長が私達への暴言がひどくエスカレートし、さらには新部長の悪口までもヒステリックに語っていましたが、だれも耳を貸さない状況でした。

翌週には主任が臨時の師長となり、師長は挨拶もなく施設へと異動していきました。

その結果、退職予定者4人中2人は残ることに。
1名は次の職場が決まっていたため、そのまま退職に。
私は他の病院を見てみたいという気持ちも強く、退職することにしました。


パワハラを振り返って

当時の精神状態は、とても切羽詰まっていたと思います。
何人かスタッフのは鬱傾向になってしまいましたが、私は運よく後遺症もなく過ごしています。

でもあの時退職を決断しなければ私も病んでいたでしょうし、部長に直談判しなければ犠牲者は増えていたと思います。

パワハラへの対策は、そこを離れるか、戦うかになるかと思います。
私の場合は、同じような境遇のスタッフが沢山いたため、何とか戦えました。

戦えば相手に少なからずダメージを与えられるため非常に爽快でした。皆と作戦を練って戦う一体感も心地よかった記憶があります。

でも戦うのは自分達へのダメージも相応にあります。
師長の反撃は、公に書けないくらい凄まじいものでした。

例の師長は、異動先の施設でもパワハラ問題を起こし、クビに近い形で解雇されたそうです。
パワハラは、性格による影響が大きいかと思います。
息を吐くようにパワハラを繰り返し、それが悪い行為だという認識も薄いようです。

つまりパワハラは終わらないのです。
それならば病んでしまう前に、自分から離れるのが合理的な判断です。

もちろん「なぜ私が辞めなきゃいけないの」という悔しさはあります。
それならば退職時に「師長からパワハラを受けていました」と人事部にチクリと言ってやりましょう。
パワハラが原因の退職は、相手の評価を確実に下げてくれます。


パワハラを受けている人へ

私は気が弱い性格であり、パワハラを受けやすいタイプです。
私のような人は、パワハラ上司がいない職場を選ぶのが合理的だと思います。

私は転職の際、転職サイトの担当者から職場の内情を教えてもらい、病院見学も手配してもらい、この師長なら大丈夫、という病棟を選びました。
今の師長は、例の師長とは全く異なり、厳しいながらも公平で、世話焼きで、スタッフを育ててくれるような人です。

こういった師長だとステーション全体の雰囲気も良く、スタッフも仲良くやれており、人間関係のストレスはほとんど感じていません。
看護師として成長できている楽しさもありますし、今年からチームリーダーを任せてもらったのも嬉しく感じています。

私のように気が小さめの人は、おおらかな上司がいる職場を選んだ方がいいと思います。
こういった上司とは、とても気が合い居心地が良いです。

もちろん居心地の良さは、実際に働いてみないと分かりずらいものです。
でも転職サイトなどで内情を聞けば、ある程度わかってきます。

転職サイトは、以前雑誌で紹介されていた、こちらのサイトをご参考にどうぞ。
リンク:人気の転職サイト(ナース報道室)

大切なのは、幸せを感じられる職場で働くことです。
皆様がそういった職場に出会えることを願っておりますm(__)m



患者さんからのパワハラ被害

最近は患者さんからのパワハラ&モラハラも問題になっています。

特に年配の方・・・。
どうしてそうも身勝手なんだろうと・・・。

患者から怒鳴られる新人看護師」という記事もご参考にどうぞ。